津波ハザード評価の「不確実さ」を知る

東北地方太平洋沖地震津波発生前に作成されていた津波ハザードマップは,その殆どが,過去の経験を基にして,ある一つの地震領域を想定した津波浸水域を示したものでした.しかし,東北地方太平洋沖地震津波では,想定を超える規模の津波が襲来しました.沿岸に居住する住民や沿岸自治体等は,事前に想定される津波浸水域や津波波高の情報には,多くの不確実性が含まれることを正しく認識する必要があると考えられます.また,そのような不確実性が含まれることから,次に襲来する津波は,必ずしも津波ハザードマップの通りに襲来するわけではない,ということを確実に理解して,適切な避難行動に繋げる必要があります.

作成日(撮影日):
2015/04/07 
登録者:
福谷陽 
フェーズ:
事前 
対象:
住民 自治体 
カテゴリ:
ハザード評価 
場所:
沿岸 
関連する学術論文・資料等
  • Yo Fukutani, Anawat Suppasri, Fumihiko Imamura (2014), Stochastic analysis and uncertainty assessment of tsunami wave height using a random source parameter model that targets a Tohoku-type earthquake fault, Stochastic Environmental Research and Risk Assessment, DOI: 10.1007/s00477-014-0966-4
登録者の他の教訓(コンテンツ)