地震発生の長期評価には海底地殻変動観測が不可欠

2011年東北地方太平洋沖地震では,それまで大きな地震時すべりが生じうると考えられていなかった日本海溝の近くで巨大なすべりが発生し巨大な津波の成因となりました.こうした地震時すべりを生じる能力の有無は,地震前にひずみの蓄積があるか否かで判断できたはずですが,陸上における地殻変動観測では検知できませんでしたが,海底観測データはこうした判断に極めて有効であったはずであり,大地震発生の長期評価の際に考慮されるべきでありました.

作成日(撮影日):
2015/04/07 
登録者:
日野亮太 
フェーズ:
事前 
対象:
国 気象庁 研究機関 
カテゴリ:
ハザード評価 津波予測 観測 
場所:
海底 
関連する学術論文・資料等
  • Iinuma, T., R. Hino, M. Kido, D. Inazu, Y. Osada , Y. Ito, M. Ohzono, H. Tsushima, S. Suzuki, H. Fujimoto, and S. Miura, Coseismic slip distribution of the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake (M9.0) refined by means of seafloor geodetic data, J. Geophys. Res., 117, B07409, doi:10.1029/2012JB009186, 2012.
  • Kido, M., Y. Osada, H. Fujimoto, R. Hino, and Y. Ito, Trench-normal variation in observed seafloor displacements associated with the 2011 Tohoku-Oki earthquake, Geophys. Res. Lett., 38, L24303, doi:10.1029/ 2011GL050057, 2011.
登録者の他の教訓(コンテンツ)