津波予測に沖合津波観測データを有効に活用する具体的な方策の整備が急務

2011年東北地方太平洋沖地震の震源域には,海底ケーブル式津波計やGPS波浪計など,沖合でのリアルタイム津波観測システムが整備されていました.一方で,沖合津波観測データを活用した津波即時予測手法の開発もなされており,これが実装されていれば,地震発生直後における津波の規模予測の過小評価は直ちに改善されていたはずです.

作成日(撮影日):
2015/04/07 
登録者:
日野亮太 
フェーズ:
事前 
対象:
政府 気象庁 研究者 
カテゴリ:
ハザード評価 津波予測 観測 
場所:
海洋 
関連する学術論文・資料等
  • Tsushima, H., R. Hino, Y. Ohta, T. Iinuma and S. Miura, tFISH/RAPiD: Rapid improvement of near-field tsunami forecasting based on offshore tsunami data by incorporating onshore GNSS data, Geophys. Res. Lett., DOI: 10.1002/2014GL059863, 2014.
  • Ohta, Y., T. Kobayashi, H. Tsushima, S. Miura, R. Hino, T. Takasu, H. Fujimoto, T. Iinuma, K. Tachibana, T. Demachi, T. Sato, M. Ohzono and N. Umino, Quasi real-time fault model estimation for near-field tsunami forecasting based on RTK-GPS analysis: Application to the 2011 Tohoku-Oki earthquake (Mw 9.0), J. Geophys. Res., 117, B02311, doi:10.1029/2011JB008750, 2012.
登録者の他の教訓(コンテンツ)