HIV感染者の薬剤並びに健康管理       1)HIV感染者に対して,普段より,医療機関,患者間の連絡を確実なものにしておく.                           2)院内薬剤在庫と医薬品卸し会社在庫との調整を行う                          3)血液検査等について外部検査機関への発注を可能な契約を結ぶ               4)薬の中断法を常に徹底する

東日本大震災では,インフラの破壊を招き,HIV感染を患っていいるもへの薬剤の供給の問題とPCR等特殊な検査ができないというを起こした.原因は一つは,供給が絶たれたための院内の在庫不足であり,もう一つは,患者自身が来院が不能になることである.そして検査機器の破壊がある.このため,我々は,患者連絡を徹底して行い,中断基準を明確にし,伝達した.製薬会社からの宮城県内への薬剤搬入が不確定なことから,市内卸しメーカーとの連絡し,在庫管理を行い,一人当たりの供給できる量を制限し,不足者にいきわたるようにした.来院者の検査については,外部委託をし,検査に支障ない気ようにした.これにて,一名を除き,耐性ウイルスの発現を抑えることが出来た

作成日(撮影日):
2015/04/07 
登録者:
芦野有悟 
フェーズ:
応急 
対象:
医療機関 
カテゴリ:
災害医療 健康問題 
場所:
 
関連する学術論文・資料等
  • 土木学会「東日本大震災報告書」東日本大震災報告書第9編: 緊急・応急期の対応」「第8章 災害医療活動」;土木学会「東日本大震災報告書編纂委員会」