地域での再住において,地域特徴やニーズを早い段階から反映させ,ある程度の多様性が認められる計画システムを構築しておくことが,長期的にも良い復興のために重要である.

災害後の再住に関する行政と住民の判断,計画プロセス,ならびにその結果は,被災地が従前から抱えていた歴史的・社会的・地形的条件に大きく影響を受ける.すなわち,被災後の再住は地域が従前から抱えていたさまざまな背景,事情,地域特性に基づいて行われる動きであり,従ってそれを考慮に入れない画一的な行政やプランナー等による計画や施策は,地域住民が満足する生活再建を実現することが難しい.

作成日(撮影日):
2015/04/07 
登録者:
井内加奈子 
フェーズ:
復旧・復興 
対象:
自治体 住民 企業 
カテゴリ:
生活再建 再住 
場所:
 
関連する学術論文・資料等
  • Kanako Iuchi, (to be published). Planning resettlement after disasters. Journal of Planning Association
登録者の他の教訓(コンテンツ)