学校の津波避難を含む安全計画を学校・家庭・地域と共有する

学校管理下における津波に対する避難計画をはじめとした学校の安全計画について,学校・保護者・地域住民が共通理解を得ておくことにより,いわゆる「津波てんでんこ」が実現しやすい状況を生みます.もし,共通理解がなければ危険エリアで長時間家族を探し回ることにより人的被害が拡大してしまう恐れがあります.また,学校の安全計画に改善点が認められる場合は,学校だけで対応せずに,学校・家庭・地域とが一体となった改善検討が有効となります.

作成日(撮影日):
2015/04/07 
登録者:
佐藤健 
フェーズ:
事前 
対象:
住民 学校 自治体 
カテゴリ:
津波避難 学校対応 
場所:
 
関連する学術論文・資料等
  • 日本安全教育学会:東日本大震災における学校等の被害と対応に関するヒアリング調査記録集(第四版)、平成26年3月