昭和56年以前に建築された住宅は耐震診断を受け,必要に応じて補強する.

東日本大震災では津波被害による被害者数が圧倒的に多かったので家屋倒壊による被害にはあまり注目が集まりませんでしたが,震動により倒壊した家屋は少なからずありました.特に,新耐震設計法と呼ばれる耐震基準が導入された昭和56年以前に建築された建物は耐震性が十分でない場合があります.「誰でもできる我が家の耐震診断」に基づき問診票の10項目の評点の合計から簡易な耐震診断ができるので試してみると良い.

作成日(撮影日):
2015/04/07 
登録者:
五十子幸樹 
フェーズ:
事前 
対象:
住民 
カテゴリ:
耐震 
場所:
 
関連する学術論文・資料等
  • 財団法人日本建築防災協会:木造住宅の耐震診断と補強方法,2004